名古屋市港区 遺品整理・生前整理・不用品回収処分・買取り

投稿日:2017年08月20日

併設する行政書士つばさ共同法務事務所にて、相続の手続きをさせていただいた名古屋市港区のお客様(娘様)より、「母の遺品整理(不用品回収処分)をしてほしい。」とご依頼がありました。

 

相続の手続きをした際に、遺品整理(不用品回収処分)はご自身でされるということでしたので、ご事情を伺いました。

 

ご事情を伺うと、「同じ港区内なのですぐにできるものだと思っていたのですが、仕事や家事が忙しくて結局手つかずのままになっています。この度息子が結婚し、息子からおばあちゃんの家に誰も住まないなら住んでもいいか?と相談されました。そのまま空き家にするよりは息子夫婦に住んでもらった方がいいと思っております。ただ、遺品整理(不用品回収処分)をしなければ住める状態ではないですし、自分でしようと思ってもする時間がありません。そこで、しわけ侍さんに依頼することにしました。」とのことでした。

 

息子様夫婦がいつから住む予定であるのかを確認させていただき、予定どおり住めるように作業の日程調整をしました。

 

現場は名古屋市港区にある木造2階建ての間取り4LDKです。

室内はバリアフリーにリフォームしてあります。

1階はリフォームしてあったこともあり、お部屋自体は非常に綺麗な状態でした。

 

お母様が使用していたのが1階のみということで、2階はリフォームしておらず建築当初のままでした。

また、お父様が亡くなった後は誰も使用していなかったということもあり、埃が大量に溜まっておりました。

 

遺品の種類は、薄型テレビ、冷蔵庫、洗濯機、各部屋にエアコン、電子レンジ、炊飯器、扇風機、家庭用の電気治療器、ダイニングテーブル、椅子、タンス、介護用ベッド、布団、食器、調理器具、衣類乾燥機、衣類、着物、書籍、古新聞、靴、傘等がありました。

 

1階部分はリフォームをした際に、地震が発生したときのことを想定して食器棚等、倒れる危険性のある物は処分したということでした。

書類については、相続手続きの際に仕分けをし、不要なものは処分していましたのでありません。

指輪等の貴金属や写真等の思い出の品についても、相続手続きの際に形見分けとして相続済みです。

 

遺品の中で薄型テレビ、冷蔵庫、衣類乾燥機、扇風機、1階のエアコンは、息子様夫婦がそのまま使用するとのことで遺品整理(不用品回収処分)の対象外となりました。

 

作業は先に1階部分の遺品整理(不用品回収処分)をし、次に数年間そのままの状態であった2階部分の遺品整理(不用品回収処分)という工程にしました。

 

これは、2階の埃が大量に溜まっていたことから、綺麗な1階に極力埃を落とさないためです。

まずは1階の仕分け作業です。

名古屋市のゴミ回収処分のルールに従って仕分けをしました。

続いて搬出作業です。

 

介護用ベッド以外は大きな家具等がなく、短時間で搬出することができました。

1階部分の遺品整理(不用品回収処分)が完了し、次は2階部分です。

1階部分と同様、名古屋市のルールによる仕分け、搬出作業の順で作業を行いました。

2階はエアコンの撤去工事がありましたので、仕分け作業と同時進行でエアコンの撤去工事を行いました。

 

搬出作業については、2階の窓からお庭に搬出ができましたので、埃が落ちることを懸念し、すべて2階の窓から搬出しました。

2階部分の遺品整理(不用品回収処分)も無事完了しました。

最後に全員で清掃をし、遺品整理(不用品回収処分)が完了となりました。

 

料金をできるだけ安く抑えたいというご要望がありましたので、名古屋市の無料回収サービスに出せるものについては、お客様自身に出してもらいました。

 

名古屋市は可燃ごみ週2回、不燃ごみ月1回、プラスチック製容器包装週1回の無料回収サービスとなっております。

上記3点は名古屋市の指定回収袋に入れて出します。

詳しくは名古屋市のホームページをご覧ください。

 

名古屋市港区の遺品整理、生前整理、不用品回収処分、遺品や不用品の買取り、建物(家屋)解体工事、不動産売却・買取り、ゴミ屋敷の片付け、孤独死の片付け、福祉住環境整理等、お家の片付けでお困りでしたら、しわけ侍にお気軽にご相談ください。

 

※遺品整理と不用品回収処分は厳密には異なります。
ただ、遺品整理を不用品回収処分と認識している方もいらっしゃるため、括弧書きで記載しております。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社しわけ侍
住所:愛知県名古屋市緑区滝ノ水三丁目126番
TEL:0120-994-094
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇